[映画レビュー]アンカット・ダイヤモンド

レビュー

Hi there, CHOCOMINTです!

今回は私の中で2020年ベスト映画とも言える作品『アンカット・ダイヤモンド』のご紹介です💎

作品情報🎥

作品名 Uncut Gems (アンカット・ダイアモンド)

監督  ベニー・サフディ、ジョシュア・サフディ

制作国 アメリカ合衆国🇺🇸

配給 A24,Netflix

出演者 アダム・サンドラー、ラキース・スタンフィールド、イディナ・メンゼル他

上映時間 130

米公開日 20191225

ジャンル  クライム、ダークコメディ

あらすじ🎥

ニューヨークで有名な宝石商のハワード・ラトナーはギャンブル中毒により借金を抱えていた。なんと義兄のアルノにまで借金しており、彼の用心棒に常に監視されている。ある日ハワードはエチオピアで採掘されたブラック・オパールを手に入れ、有名バスケ選手と取引をすることになった。

おすすめポイント⭐️

・サフディ兄弟による不安の誘発のおかげで見るのが止まらなくなる

・お金が人にどんな影響を与えるかがわかる

・人生においての大切な事を学べる

感想🎥

前から見たくて仕方がなかったこの作品。主演のアダム・サンドラーの映画は幼少期から観ていて、彼には沢山の事を教わりました。

なので、レビューは何も読まずに、情報0の状態で挑みました。タイトルの見せ方からあのA24の作品だと知らされ、この石の魅力に視聴者も心を奪われるのです。

まあいつものようにアダム・サンドラーのキャラクターはクズ。借金まみれ、いい顔しようとある事ない事言い、ギャンブルするわ、浮気するわでヒドい。

時代は2012年でちゃんと初期モデルiPhoneも登場します。ニューヨークにあるビルに入ってる彼のお店は、紹介してもらわないと入れません。ドアは特殊な構造で、お店のボタンを押してあげないと入れない仕組みで、話の中で重要な役割を果たします。

不安と心配が波のように押し寄せてくるこの作品は監督であるサフディ兄弟の力をこれでもかと魅せてくれました。

さてラストシーンの事ですが、簡単に言えば『開いた口が塞がらなかった』。主人公が一番輝いたシーンであり、作品の中で一番スピードのあったシーンでした。始まりも終わりも彼の中から宇宙が見えました。

話自体はフィクションですが、ダイヤモンド業界でセールスマンとして働いていたサフディ兄弟の父から聞いた経験を元に書いたそうです。

いつも少しお下品なファミリーコメディで人生で大切な事を教えてくれたアダム・サンドラーに今作品では、人生の厳しさ、人間の愚かさを教えてもらえました。最後まで石の本当の価値がよくわからなかったです。

ちなみにディズニーの名曲『レット・イット・ゴー』で美声を響かせていたイディナ・メンゼルが主人公の妻を演じています。大物バスケ選手ケヴィン・ガーネットや歌手のザ・ウィークエンドも本人役で出演しています。

日本では2020131日からNetflixで配信が開始されました。このお家時間にぜひ『アンカット・ダイヤモンド』をお楽しみください💎

『アンカット・ダイヤモンド』予告編 – Netflix

では次の映画レビューでお会いしましょう😎🎬

Have a wonderful day ❤️

YouTube:  CHOCOMINT

Twitter : @chocomint1028


コメント

タイトルとURLをコピーしました