Hello there! CHOCOMINTです😊

今日はアメリカで2019年6月18日に公開されて以来、世界中で評価されている映画「ミッドサマー」のレビューです🎬

作品情報🎥

監督 アリ・アスター

配給 A24

米公開日 2019年6月18日

ジャンル  ホラー・スリラー・サスペンス・ドラマ

あらすじ🎥

大学生のダニー(フローレンス・ピュー)は大学院生の彼氏クリスチャンと交際してもう4年。家族の問題も全て支えてくれるクリスチャンですが、最近二人の間には距離ができています。そんな中、躁うつ病の妹が両親を巻き添えに無理心中し、彼女は家族全員を失ってしまいます。

悲しみに寄り添ってくれるクリスチャンですが、友人らが気分転換のためにとスウェーデンから来た留学生・ペレの故郷へ行こうと旅行を計画してくれます。ダニーは誘われていませんでしたが、直前になって旅の事を知ってしまい、クリスチャンと喧嘩になってしまいます。結局友人らと90年に1度行われる夏至祭へ参加することになったダニー。スウェーデンの小さな村で起きるとんでもない祭典に彼らは巻き込まれてしまいます。

伝統的な儀式や踊り、衣装、おまじないや薬物。異国で過ごす数日間はどんどん不気味になっていきます。

おすすめポイント🤩

・一番怖いのは人間だと気づける

・ジェットコースターに乗っているかのような気分になれる

・時間を忘れてただただ不思議な思いをする

感想🎥

スウェーデンではクリスマスと並んで重要な日である、『Midsommar(ミッドソンマル)』と呼ばれる夏至祭をテーマにしています。6月21日または聖ヨハネの日のあたりに行われます。家族や友人と過ごすために帰省したり、ご馳走があったり、お正月のようなイベントです。

映画を観る前に、『これは別れ話の映画だ』とのコメントを観てしまい、観るのを少しためらいました。そわそわと落ち着かないダニーから始まった映画は、真っ暗で真冬の雰囲気だったので、ホラー要素がどこにもないなと思ってしまいました。

怖いんじゃなくて、不思議、異次元なレベルの不快感ですが、グロいと同時に綺麗なんです。ずっと日が昇ったままなので嫌な事もはっきり見える。異様で、居心地の悪い空気が嫌と言う程伝わります。

背景にある絵に注目しながら見ると、物語の先が見えます。一見なんでもないようにみえる壁紙が次に起こることを暗示・警告してくれるのでショックを和らげてくれます。謎の文字や儀式もありますがそれを理解しようとしているうちにどんどん話は進んで行きます。登場人物と同じようにあなたは混乱するでしょう。

今作品の監督アリ・スターは恋人と別れたからこの映画を制作したらしいですが、ダニーの決断は彼が元恋人にしたかった復讐なのでしょうか? ちなみに劇中で観られる恋のおまじないは中世で実際に使われていたらしいです。

以下ネタバレ含む解説になります。まだ映画を観ていない方はここでストップすることをオススメします。

👇

👇

👇

👇

👇

⚠️解説(ネタバレ)⚠️

この映画は主人公が精神的に成長するのを見守る映画です。妹と両親の無理心中、乗り気ではなかった旅行、恋人との関係など、不安定なことだらけ。そんな中、スウェーデンの小さな村で数日間つづく祝祭に参加することになりました。

結果から言うと、留学生で、旅行の提案者ペレはアメリカ人の大学生達(ダニー、クリスチャン、ジョシュ、マーク)を儀式の生け贄として村に連れてきたんです。自分が小さい頃、村人だった両親が生け贄にされたように。

人生の春夏秋冬

0歳から17歳は、18歳から36歳は、36歳から54歳は、54歳から74歳はというライフサイクルが村にはあります。75歳になるとどうなるのとダニーに聞かれたペレは首を切る仕草をします。そのあとの儀式でペレが正しかった事を観客と招待客達は知ってしまいます。年老いた男女が崖から飛び降り自殺をしてしまうのを目の当たりにします。これは彼らの伝統的な儀式で、自分の身を捧げ、新たな命へと生命を繋げているそうです。もうすぐ生まれる女の子の赤ちゃんにはなくなった老婆の名前がつけられます。

踊りと惚れ薬

花冠をつけ、花や薬草が入った飲み物を飲み倒れるまで踊り続ける村の女性達とダニー。そんな中、すすめられた飲しまったクリスチャンは最後まで踊り続けメイクーインになれたダニ興味を示さない。村人たちに祝福され、女王様のような扱いを受けるダニーも彼をあまり気にかけていません。

おまじないをかけた木の破片や陰毛入りミートパイ、血が入ったジュースなど、クリスチャンは知らぬ内に惚れ薬を摂取しています。そしてメイクイーンが祝福されている中、前から気になっていた赤毛の美少女に誘われるがままに花を辿って行きます。

ローブを着せられ謎の煙を吸わされたクリスチャンは言われるがままにある小屋へと入って行きます。目の前にいるのは裸の美少女とそれを囲むように立つ12人の女性達。彼女達に見守られながら彼は美少女と性行為をしてしまいます。

その姿を鍵穴から見てしまったダニーは泣き叫けんでしまいます。そんな事にも気づかず、事を終え我に返ったクリスチャンは裸のままその場から逃げ出し納屋に隠れますが、姿を消していたイギリス人の男の遺体を見つけてしまいます。衝撃を受けますが村人に見つかってしまい薬を顔に吹き付けられてしまいます。

黄色い小屋と9人の生け贄

入ってはいけないと言われた黄色い建物に、彼らは次々と座らせられます。もちろん、小屋に入る頃にはもう亡くなっています。

・飛び降りの儀式を見た後に逃げようとしたイギリス人カップル

・神聖な書物の写真を撮ったジョシュ

・先祖の魂と繋がっていると村人から信じられている枯れ木に用を足してしまったマーク

・メイクイーンに選ばれ熊の毛皮を着させられるクリスチャン(ちなみに彼か選出された村人かを選択できたのはダニー。)

・人生を終えた老人二人

・自分から名乗り出た村人二人(生きたまま焼かれます)

計9人が小屋に入れられ焼かれます。これは90年後の祝祭までの豊作願いや自分の中にある欲望や負の感情を焼き払うという意味があるそうです。村人達が叫び嘆き、感情をむき出しにしているのは解放されたいからです。ラストシーンで笑顔になるダニーも自分を束縛していた負の感情や、次々と身に起こる不幸から解放されやっと自分の意思で何かを選択できたから笑みがこぼれたのです。

太陽の下で行われる不気味な祝祭の日本公開は2020年2月21日

では次の映画レビューでお会いしましょう😎🎬

Have a wonderful day ❤️

YouTube:  CHOCOMINT

Twitter : @chocomint1028